彫敏(TOSHI) 1972生まれ大阪市出身77e2c02909d812507980a4e34571fc7b 300x300 About Me
1993年、師である東大阪彫武に弟子入り1999年に独立し大阪南堀江にスタジオを構える。当時はまだインターネットはなく、刺青に関する情報は無に等しくTATTOOの情報を求めて90年代後半から渡米しTATTOOに関する情報を収集しその後定期的に海外へ出国する。95年ロサンゼルスから始まり98,99年,ニューヨークTattooコンベンションFun city Tattooのブースで出店。その1ヶ月後、メキシコTattooコンベンションにブースを出店、当時日本人でメキシコTattooコンベンション出店は皆無に等しかった。後にメキシコで友人なった彫師と10年ぶりにスペインで再会することになる。2000年ニューヨークTATTOOコンベンション、TOSHI TATTOO ART STUDIOでオフィシャルブース出店。2000年、日本ではTATTOOブームが成長期に入る。2001年ヨーロッパのTATTOOコンベンションにブースを出店する。ドイツ、フランクフルトTATTOOコンベンション、ハンブルグTATTOOコンベンション。2001年9月にニュージャージー、ボストン、TATTOOコンベンションに出店予定だったがニューヨーク同時爆破テロでアメリカが厳戒態勢に入ったため入国を断念。2008年スペインOnlyTattooにゲストワークで約1ヶ月スペインで一人暮らし。偶然昔メキシコで友人になった彫師がスペインに移住しており再会。この時、世界は狭いと感じた。

スタジオは築30年以上の古びたマンションの中にある。90年代後半大阪でTATTOO専門のスタジオは3〜4件程度でそのうち路面店(ウォークインのスタジオ)は記憶にない。(今現在日本のTATTOOシーンは安定期から緩やかなS時カーブを描ききっている状態)2012年後半はスタジオや彫師が沢山過ぎて不明。20年近く彫師業をしていると自然とライフタイムサイクルがわかる。日本のTATTOOシーンは5年周期で移行している。導入期5年、成長期5年、成熟期5年、低迷期5年?すくなくとも頂点には達した感がある。これからが本当にTATTOOが社会に根ざすかどうかの時代になるのと新しいTATTOOの概念が生まれてくると一人で考える今日この頃..
thunderzone 1024x705 About Me話はもどり….
またこれまで来店して頂いた方には海外のビッグバンド、ゼブラヘッド、Mr. BIGのリッチー・コッツェン、Soul fly、ゴリラビスケット、MAD BALL、Silver Ginger5 多数、日本のバンドではシド、SADS、清春氏、B.z松本氏、多数の名立たるビッグアーティストにもTATTOOを施している。また現在ではTATTOOの創作活動は勿論のことクリエイターとして多種多様な活動を行なっている。
人生の残り時間約175,200時間を桜花したく思う。

座右の名
常識を疑ってかかれ他人の声など一切気にするな。

人は成りたいたと思った通りの自分になる。

2012-08-31