[チェ・ゲバラ] Che Guevara リアルスティック ポートレートTATTOO 2017

Tattoo works
この記事は約3分で読めます。
編集長
編集長

皆さんこんにちは!今回はポートレートTATTOOの紹介です!

サル吉先輩
サル吉先輩

なんや!珍しい!タトゥーのカテゴリーで編集長のコメントから始まるとわwww

なんぞ、あったんか? ワレ?

編集長
編集長

そうなのよ!サル吉先輩。
タトゥーのカテゴリーだけなんか寂しいってコメントあったから
ちょいとブラッシュアップしていつもの感じでいこうかなと!

サル吉先輩
サル吉先輩

なんやそれ!

結局 俗で言うユーザーファーストかいな!

編集長
編集長

その通り!サル吉先輩も頭の回転が良い感じになってきたね!

サル吉先輩
サル吉先輩

わかったから、はよして〜

 

リアルスティック ポートレート タトゥーとは

ポートレート タトゥーとは写真をそのまま肌に転写したように臨場感ある
作品に仕上げる手法のことを意味する。

編集長
編集長

僕が記憶するには1990年前半にはポートレートを

完璧に彫れる刺青師は世界では数人しかいてなかったよね。

だってネットもまだまだインフラとしては整ってなく勿論、iphone や ipadもタブレッドもない時代だったんだ。

サル吉先輩
サル吉先輩

海外に刺青の修行に行った時、飛行機でタバコ吸えて

た時代やからの〜 あん時はセブンスターやったわ!

2000年代に入り急激にネットのインフラが加速し、デザインクリエイターのディバイスも
世に登場し(この当時はPCで主にペインターというソフトを使用してデザインを書き始めた)
て紙からPC画面にデザインを書くようになってきた。

ようは最先端のpcを使ってデザインをペンタブを使って描くことにより紙の無題使いを減らし
作業効率をアップさせる事ができた。

当時は寺田克也さんがPCでペインターを使っての最先端を走っていたね。

サル吉先輩
サル吉先輩

なるほど!

で肝心のポートレートtattooの話は?

編集長
編集長

そうだね!まぁ昔は今みたいな環境がなかったから

前置きに話ておこうと。それと、ちかじか書籍をだすからね。

サル吉先輩
サル吉先輩

なんやねん!それか!

また本出版すことの伏線か!

もうええから

はよして〜

チェ・ゲバラ ポートレート タトゥー

チェ・ゲバラ 皆さんもお分かりの世界で有名な伝説の革命家のチェ・ゲバラです。
ここではチェ・ゲバラの説明は割愛させていただきますので、まだチェ・ゲバラを知らない方は
各自調べてくださいね。

今回 (2017年時点)お客さんのオーダーでデザイン持ち込みの

チェ・ゲバラ の ポートレート タトゥーの
注文が入りました。

脇腹の施術でしたのでかなり彫ずらかったですが完成しました。

2017年の作品ですが、今後も過去の作品などもアップしていく予定です。

この記事は参考になりましたか?

▪️TATTOOに興味のある方は下記からどうぞ

 

▪️もっとチェゲバラを知りたい方は

 

タイトルとURLをコピーしました